40代バツイチ・・・バツあり男性のほうが未婚男性より若い女性と結婚する割合が高い?

バツイチの私には朗報(?)です。

 

なんとバツあり男性のほうが未婚男性より若い女性と結婚する割合が高いというデータがあります。
本当かどうか疑わしいですが見ていきましょう。

まず、40代バツイチ男性が婚活を始めるときは、どういう心境になるのでしょう。

「女性にどう思われるんだろうか?」

「結婚してくれる女性はどういう女性なんだろうか?」

「一般的に40代でも不利な条件なのに、さらに離婚歴が加わると再婚は難しいのでは?」

そんな思いが強いと思います。

 

40代バツあり男性が、20代30代前半までの若い女性と結婚できる確率

40代未婚男性と40代バツあり男性はどちらがモテるでしょうか。

 

答えは、なんとバツあり男性になります。

 

離婚歴がある方が不人気な気がしますが、実態は逆なのだそうです。

 

厚生労働省の人口動態調査によると、以下の割合になります。

20代の女性と結婚した割合
40代初婚男性の場合には全体の13.2%
40代再婚男性は全体の20.6%

40代再婚男性WIN!

 

30代前半までの女性と結婚した割合
40代初婚男性の場合には全体の35.6%
40代再婚男性は全体の44.9%

40代再婚男性WIN!

 

また、40代前半の離婚歴のある男性のうち、約半数が30代前半までの女性と結婚しているようです。
40代後半でも離婚歴のある男性のうち、約4割が30代前半までの女性と結婚しています。
そこからみると、約半数が希望通りの女性と結婚していることになります。

 

なぜ40代バツあり男性はモテるのか?

今や婚姻全体の約3割が再婚になります。
離婚自体は一般的な現象と受け取られ バツ有りに対するイメージが変わったことがあります。

 

また理由として、一度家庭を築いて離婚までを経験しているため、人の痛みを知ってそう、経験が豊富そうなどの印象を持たれています。
未婚男性がいい年して結婚していないと見られることとは対照的です。

 

バツあり最大の弱み

しかし、子ありだと、バツでも問題ないとしている女性の割合が激減してしまうようです。
金銭的な負担や前妻とのしがらみなどをシビアに評価されるのが理由です。

 

具体的には・・・
1.子供がいるのに離婚・・・男性側にも大きな原因が?避けたほうが無難と判断
2.養育費の支払い
 3.前妻の身になにかあったとき、子供を引き取るリスク
 4.そもそも40代、富裕層でない限り経済的に不安
 5.将来、前妻の子と後妻の間で財産分与が発生
 6.結婚年数に応じて年金分与で年金が減額される

 

このように、ネガティブととられる材料が結構あります。

 

世の中計算高い女性ばかりではないとは思いますが、これだけあると確かにバツイチ子持ちとの再婚には躊躇してしまいそうです。
うまくいくかいかないかは本人や相手の考え方しだいだと思いますが、再婚を考えるならまずは行動あるのみです。

Follow me!

Total Page Visits: 2067 - Today Page Visits: 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)