別居再開から15ヶ月・・・子供との面会交流(第14回)池袋サンシャインでゲゲゲの鬼太郎!

別居再開して15ヶ月目になりました。
(2019年8月頃になります)

 

少し前にお試しテレビ電話をすることができ、少し気分が楽になった気がします。
その勢いもあって今回の面会は東京・池袋のサンシャインで開催されているゲゲゲの鬼太郎展に誘ってみました。

別居した頃からゲゲゲの鬼太郎が好きで、テレビ電話のときも妖怪について熱く語っていました。
いつの間にか妖怪博士みたいになっています。

誘ったのはこの夏休みに開催されている「妖怪体感 ゲゲゲの妖怪100物語」

案の定「これ知っててすごい行きたかった。楽しそうだから考えていた。」といい反応が返ってきました。

いや知ってたんか・・・さすがアンテナ高いな。

いつもは日曜日が面会ですが、次の日の保育園のことも考えて土曜日に行くことに。
交通費は私持ちです。(T_T)
しかも東京駅までお迎えつきです。

いつものショッピングモールでの面会ばかりだと飽きてしまいます。
私としては子供といろんなところに行けるのは願ったり叶ったりです。

 

このイベントを決めた数日後に前回の調停があり、そこでは初めて話し合いの場に裁判官が登場、急に離婚成立の雰囲気が漂い始めたのでした。

今回の面会はその調停から数日後になります。
どういう感情で会えばいいのか、少し複雑です。

 

面会交流(第14回)

9時半に東京駅の新幹線改札口で待ち合わせです。

テンション高めの息子がヨメに手を引かれてやってきました。
かわいい麦わら帽子をかぶって登場。

「パパ~パパ~」と少しふざけた様子で帽子を深くかぶり嬉しそうに手を振っています。

190818-1

帽子を目深にかぶりおふざけモード

元気そうでなにより・・・(*^_^*)

子供にとっては大旅行です。上機嫌なのか1人で歩きたがりますが抱っこして丸ノ内線で池袋へ向かいます。
一緒の電車は6月のディズニーランド以来です。
ヨメから数日前の調停の雰囲気は感じません。

 

開演までまだ時間があったのでサンシャイン内で撮影会。

 

190818-2

手と顔は妖怪のマネか

190818-3

こちらは赤い屈強な妖怪たち

美味しそうなクレープまんじゅうのようなものを3人分購入。
サンシャイン内でベンチに座って食べます。

私はマンゴー味、ヨメは甘夏味、ソウちゃんはチョコバナナ味を買ったはずが・・・食べる直前でソウちゃんが急遽甘夏に変更。

ソウ「パク・・・(驚いた表情で)あまなつ・・・」
めちゃくちゃ美味しかったようで一口食べて甘夏・・・とつぶやくソウちゃん。
おいしいかぃ(*^_^*)

ヨメ「じゃ(私は)マンゴーぉ」

「え!?オレでしょマンゴー」

ヨメ「え?(すっとぼけ)だって甘夏とられちゃったもん」

「マジで!?・・・・・・・・・・・・・・・・・・まぁいいよ」

ソウ「(ニコニコしながら)チョコバナナ、パパ」

とられちゃったもん、じゃねーよw
マンゴーが食べたかったのですが、食い下がるのも大人げないので想定外のチョコバナナを食べることに。
美味しかったから良しとしますが・・・。

この一連をたまたま動画で撮っていたのですが、私が「マジで!?」と言った瞬間、こわばる子供の顔が映っていました。
お互いの顔色を窺うようにヨメと私の顔を交互に心配そうな顔で見つめる子供。
私が「まぁいいよ」と折れた瞬間、ホッとした様子でにこやかになったのが分かりました。

やっぱり同居時代の両親のケンカを覚えているのかなと思います。
少し声のトーンがあがるだけでも不安になったりするのかと思うと可哀想になりました。
クレープのことでさすがにケンカはしませんが、もしかして過敏になっているのかもしれません。
やはり面会のときだけでも仲良くしないとと改めて思うのでした。

 

ゲゲゲの妖怪100物語の開演時間になりました。
入り口には列ができており結構繁盛しています。

 

ソウ「みんなパパがいるね~」
今日はソウちゃんにもいるよ・・・いつもそういう視点で見ているのかと思うと少し胸が痛くなります。

 

しばらくすると並んでいる通路が暗くなり、目玉のおやじのナビゲーションが始まりました。
少し雰囲気が怖くなってきたところでソウちゃんも「コワイ~」とビビっています。

この100物語の内容はこんな感じでした。
通路のところどころに妖怪が紹介されているパネルがあり、それが100枚あるようです。
その合間に妖怪が展示されており、声を出したり光ったりいろいろと仕掛けがあります。

190818-4

猫っぽい妖怪からの猫マネ

190818-5

目がイっちゃってるゥ!

そのほとんどの妖怪を知っていたソウちゃん。
知らない間に妖怪博士になっています。
最初は怖がっていましたが途中から楽しげでした。

最後のコーナーは雪女をはじめとした少し怖めの妖怪が何体か展示されていました。
なんと出口にはそのうちの一体の妖怪の着ぐるみがいました。
大人から見ると怖くもありコミカルでもあるのですが、薄暗いので少し不気味です。
子供は怖いかもしれません。
他の客も少しザワついていますw

私がふざけ半分で「写真とってもらいな」とソウちゃんに促しましたが、本気でビビっているソウちゃんは寄りつこうとしません。
着ぐるみと距離を置き「来て!パパこっち来て!」と本気で叫び、周りを警戒していましたw
その表情たるや本気で私に助けを求めてる様子(^_^;)
大丈夫だよとなだめてその場をあとにします。

 

最後に記念撮影コーナーがあり3人で写真をとってもらいました。
できあがった写真を見ると・・・ソウちゃんがキリッとした少年の顔で写っていたことに驚き。
実際まだまだポワーンとしたかわいい幼児の印象ですが、写真で急に凜々しくなるもんです。
成長したな~4才。

 

最後に物販コーナーに行きます。

一画に売っている鬼太郎のオモチャで遊べるコーナーがありました。
そこで遊びたいと駄々をこねるソウちゃん。
子供で混んでいてなかなか自分の番が回ってきません。
他の子が遊んでいるオモチャを獲物を見定めるように目を光らせています。
みんな小さいときこうだったかもな~。(^_^;)

鬼太郎、砂かけ婆、ぬりかべのフィギュアを買って鬼太郎展は終了です。

 

ランチはサンシャイン内の沖縄料理の店で。
ちょうどお昼時で混雑していて列ができています。

するとヨメが時間を気にし始めます。
新幹線の時間が15時30分ということで食事をやめてオモチャ屋に行くことを提案してきました。

いやまだ時間あるやん・・・大丈夫やん・・・
ソウちゃんとメシ食べたいし。

オナカも空いたしこのまま待って沖縄料理を一緒に食べようと提案。

ヨメ「ホント自分のことしか考えないよね(怒)」と不機嫌に。
いやオレの要望は全部そうなるの?(-_-;)

じゃあもう少し並んで時間かかるようならオモチャ屋に行こうかと提案すると、
ヨメ「時間のムダ。今決めたい。」

ほんっっとに面倒くさい女だ。楽しい時間に水を差す才能は健在だな(-_-)
新幹線まで3時間半もあるのにもっと穏やかに過ごせないもんかな。
もうこんな時間だ~とバタバタするほうが可愛げがあります。

 

結局、列は流れ店には入れました。
(最終的に新幹線出発までの時間はなんの問題もなかったです)

店内ではさっき買ったフィギュアの砂かけ婆についているタグピン(プラスチックの紐)をソウちゃんがやたらと気にしています。
「誰か切って~。ハサミ借りて~。やめて~ヤダヤダ(>o<)」
気持ちは分かるが、そこまでのワガママには付き合えませんw

 

食事のあとはサンシャインにあるトイざらスによります。
同居時代は何度か3人で来たな~。なつかしい。

190818-6

帽子かわええ

同じフロアにある駄菓子屋でお菓子を買ってあげました。
レジを待っている間、少し寂しそうに甘えた顔で私に抱きついてくるソウちゃん。

今日の面会はこれで終了となります。

 

余談ですが、最後に交通費を払おうとしたところ持ち金がなくコンビニでおろすことに。
たちまちヨメが不機嫌になります。
その場でコンビニでおろすだけじゃんと思う私と、清算することは分かってるんだから1円単位で渡せるように準備しておけと考えるヨメ。

毎回この調子でやられたらたまらんな~と思いながら、気を取り直して駅へ向かいます。

ヨメと違ってかわいいソウちゃんは「パパは電車のあと新幹線乗るの?」なんて聞いてきます。
パパは東京にいる必要があるから乗らないよと返事。

 

東京駅に着く頃にはソウちゃんはヨメに抱っこされ夢の世界へ。
バイバイが言えず少し寂しいですが起こすわけにもいきません。ここで解散となります。

 

楽しかったな・・・。
会うのはまた一ヶ月後ですが、離婚すれば面会に加えて2週間に1回のテレビ電話が追加されます。
最後のソウちゃんの少し寂しそうに甘えてくる顔が胸を締め付けます。

Follow me!

Total Page Visits: 2449 - Today Page Visits: 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)