同居再開して6ヶ月・・・夏を子供と楽しむ!家族で里帰り!昔懐かし遊園地

Yuri_B / Pixabay

暑い日が続きます。
ひさしぶりに家族で私の実家に帰ることになりました。
別居をしていたので子供にとっては約1年ぶりとなります・・・。

 

子供を実家に連れていくのは毎回ワクワクします。
父親に会わせることができるからでしょうか。私が生まれ育った場所に子供を連れていくという単純な喜びもあるかもしれません。
父親も孫に対しては緩みきった笑顔になり、本当に可愛いみたいです。

 

ひさしぶりの家族そろっての帰省なので私もはりきっていろいろとイベントを考えました。
それが自宅の庭でのバーベキューです。めちゃめちゃド田舎なので近所迷惑については問題ありません。(T_T)
妹の旦那がアウトドア派らしく大きなテントもあるバーベキューセットをもっていたのでそれを借りることになりました。もちろん妹夫婦も誘います。
あと地元の親友の家族にも声をかけ、全部で10人程度の参加になりました。
小学生になった子と3才の子がいるので、2才のうちの子供も遊んでもらえるでしょう。

 

こうなると日頃・・・日頃というか週一で鍛えてきた私の料理人としての魂に火がついてきました。
さっそくバーベキューレシピを検索しまくり、これは使えそうというものを片っ端からブックマーク。
子供たちのはしゃぐ姿や笑顔を想像し、かなり楽しみになってきました。
あとは帰省までにヨメの機嫌を損ねないよう、つかず離れず過ごすだけです(笑)

 

家族でひさしぶりの帰省、そして遊園地

出発の日となりました。
東京駅から新幹線に乗り、新幹線降車駅からローカル線に乗り換えます。
父親が私たちのためにと特急列車の指定席切符をとってくれていたので、それに乗車します。

 

最後尾の車両が上げ底の展望席のようになっていましたが、乗客がゼロ、1両貸し切り状態でした。
線路や家々の景色をパノラマで見ることができ、子供も上機嫌です。
家族3人で記念撮影。いい写真が撮れました。
写真だけを見るとヨメも機嫌が良さそうです・・・。

 

そしてこの後は父親と合流し、私が小さい頃から地元にある遊園地に行きます。
小学生くらいまでは親によく連れてきてもらったものでした。
かなりひさしぶりなのでどうなっているか楽しみです。まだ営業してたのかといった感じです。

Pexels / Pixabay

父親が運転する車でさっそく向かいます。
遊園地に近づきますが、駐車場から入園口までまったく見覚えがありません。
こんなだったっけ・・・覚えてない。(T_T)

 

入園口から少し進むとアトラクションが見えてきました。
その入り口のアトラクションは別のアトラクションに変わっていましたが、すごく印象深かったのですぐにその場所が分かりました。ようやく懐かしさがこみ上げてきました。

 

昔は「大魔境」というアトラクションで、外から見える建物部分から悪魔や女神が交互に出てくる仕掛けとなっていて効果音がけたたましく流れていました。子供心に怖えぇ~~と思いながら見ていたことがすごく記憶に残っています。
今は閑散としており、悲しいかなポケモンのアトラクションになっていました。
(しかも稼働してない・・・(;_;))

 

昔は地元で有名な遊園地でもっと賑やかな印象でしたが、今や閑散としていて、以前あったはずのジェットコースターやびっくりハウスや地震体験館、そしてプールなどがなくなっていました。
派手なアトラクションがすべてなくなっている感じです。点検や修理など維持費の問題もあるかもしれません。

 

まさに時代を感じる変貌ぶりで子供だましのアトラクションばかりになっていましたが子供は2才です。
今日は思いっきり楽しみましょう!

 

父親も孫と遊園地に来れて嬉しそうです。
観覧車や電車や飛行機の乗り物など10個くらい乗ったでしょうか・・・一通り楽しみ、かき氷をみんなで食べて遊園地は終了となりました。

 

子供を含めてみんな楽しむことができました。
と言いたいところですが・・・私は気付いてしまいました。

 

子供はすでにディズニーランドに数回行っており、ディズニー経験者なのでした・・・。
当然ディズニーほどのはしゃぎっぷりは見られなかったので、ひょっとするとすでにここのアトラクションを子供だましのような目で見ていたかもしれません。

 

私はこのテーマパークで幼少期を過ごしてからディズニーに行きました。ある意味正しい順番です。
それはそれはディズニーランドって素晴らしいところだと思ったものでした。

 

子供は経験する順序が逆なわけで、叙々苑の焼肉を食べてから牛角の焼肉を食べた感じでしょうか。
それを考えると少し複雑ですが・・・まだ2才なので良しとします。
多分本人は、大きな公園で乗り物にいっぱい乗れたと今日は今日で楽しんでくれたはずです!

 

実家へ無事に到着、そしてヨメと一悶着

父親の運転で無事に実家に帰着しました。子供とヨメは約1年ぶりです。
1年前はほとんど興味を示さなかった和室にある仏壇、掛け軸、キジの剥製、木彫りの熊、古い人形などに恐る恐る近づき、興味津々見ていたのがすごく愛らしかったです。
好奇心旺盛に育っているようで私も嬉しいです。

 

夜は妹夫婦も合流し寿司を囲んで乾杯です。
そのあとしばらくして私とヨメの衝突があり、ヨメの機嫌が悪くなってしまいました。
理由は・・・・・・忘れました(笑)
たぶん酒、子供の着替え、風呂準備、寝床準備、それらのなにかが気にくわなかったのでしょう。

 

思えば以前も、よかれと思って子供(当時0才)とヨメを寝かせ、私と妹夫婦3人で飲んでいたことがあったのですが、翌朝、なぜ私も誘ってくれないのかとグチグチ言われたことがありました。(-_-;)
誘ったら誘ったで、子供を1人寝かしたまま酒が飲めるか、私は子供と寝ているのにあなたはまだ飲むのか、などと面倒くさいことになるのです。

 

ひさびさの実家ですし、私は子供含めたみんなに楽しんでほしいので1人かまってちゃんは放っておきます。
頼むから横でブーブー言って水を差さないでという気持ちです。そんなこと言えませんが・・・。

 

明日はバーベキューのため朝から買い出しです。

Follow me!

Total Page Visits: 2555 - Today Page Visits: 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)