復縁したいけど別居3日目・・・意を決していざ嫁の実家へ【不安と後悔】

Patrice_Audet / Pixabay

別居3日目です。

 

ヨメの実家は県外になります。新幹線に乗りローカル線を乗り継ぎ、最寄り駅からタクシーで15分くらいでしょうか。

 

かなり大事になってしまいました。
まずはヨメと義父母に一昨日までのことを謝り、そして子供の顔が見たいという気持ちです。
不安と、直接顔を見て謝れば状況は変わるという少しの希望をもってヨメ実家にたどり着きました。

 

別居前は私を含めて家族を暖かく迎えてくれたヨメの実家・・・今では全く別の場所のように思えました。

 

インターホンを鳴らすと、義父が出たので私の名前を伝えると玄関口まで出てきてくれました。
門前払いも覚悟していましたが「入れ。」と言ってくれたので神妙な面持ちで入ったところ、子供の姿は見えずどうやら昼寝をしているようでした。

 

義父は何も言わず、義母は暗い顔で洗い物をしていました。
ヨメは少しだけ驚きの表情を見せましたが、神妙な面持ちで話を聞く姿勢をとってくれました。

 

私はヨメの対面に正座をしました。
隣には義父が座っており、すぐ近くでは義母が洗い物をしています。
めちゃくちゃ話づらい状況ではありましたが、声を振り絞り、こんなことになってすまない、悪いことをしたと思っている、改心するので戻ってきてほしいと謝りました。

 

ヨメは泣きながら、もう続けるのは無理だ、殴られたこともそうだし怖い、戻ることはできないので離婚してほしいの一点張りでした。

 

そう言われても仕方ありませんし、想定の範囲でした。
私はまずは自分の気持ちをヨメに伝えられたので、決して納得はいきませんが今日の目的は果たしました。
これ以上の長居は心象が悪くなりますし迷惑がかかると思い(義父からも帰るよう催促あり)、最後に子供の顔を見せてほしいと頼んだところ、義父が、「ふざけるな。それが目的で来たのか。それを聞いて娘はどう思う。まずは父親らしいことをしてから話せ。帰れ!」と言われました。

 

言い返したい気持ちもありましたが完全に立場はこちらが下です。
争っても意味がないので我慢して素直に従いヨメ実家を後にしました。

 

これからどうしようか・・・子供にはいつ会えるのだろうか・・・。

 

帰路途中でヨメに、突然の訪問と会う時間をつくってくれた御礼をLINEで送りました。
びっくりしたけどそちらに戻るつもりはないという旨の返信があったと思います。

 

結果は想像はしていましたが・・・不安と無念な気持ちで帰路につきました。
改めて別居に至ってしまったことに後悔を感じ、離婚という最悪の結果も現実味を帯びてきたことを考えて落ち込みました。

 

ですが1才の子供のことを思い、このままでは終わらない、なんとなく感覚的に3ヶ月~6ヶ月の期間を同居再開までの目標と設定し、今日はまだ3日目、これからだと自分に言い聞かせたのでした。

Follow me!

Total Page Visits: 5199 - Today Page Visits: 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)