ホラー映画が心のワクチン!?コロナ禍への耐性も【暴露療法】

ホラー映画を見るといった管理された恐怖体験・・・実は精神的に好ましい効果があるようです。

 

ここでいう「管理された」とは、リビングや映画館など「安全が保証された」場所でホラー映画を見て恐怖体験をすることです。

 

デンマークのオーフス大学およびメディア学准教授で「娯楽的な恐怖の研究所」の所長であるマティアス・クラセン氏は、ホラー映画を見るといった管理された恐怖体験は「微調整が可能な対処法という意味で、好ましい効果がある」と語ります。

 

そしてクラセン氏らは300人以上を調べた結果、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにも、ホラー映画ファンの方がそうでない人よりも精神的にうまく対処できているという論文を2020年9月15日付の学術誌に発表しました。

 

一部の人たちは、ホラー映画を最後まで見ることができたという自信、そして見終わったあとに高揚感を帯びた安堵感のようなものを感じます。

 

これらは、恐れを克服するために、危険を伴わない恐怖に自らを立ち向かわせるという、いわゆる暴露療法の効果になります。

 

暴露療法とは・・・

具体的な治療法は、恐れを引き起こすものや状況に自ら接することによって、脳の中で恐れを感じるへんとう体を活性化させ、再訓練させるというものです。
例えば、クモ恐怖症の患者には、クモのことを想像させたり、本物に触らせたり、または仮想現実で疑似体験させるなど、意識的にクモと関わらます。
何度も安全にクモと接することによって、恐怖心は少しずつ消えていくのです。

 

このように管理された恐れの体験には、安全な環境の中で行えるという利点があります。
カウンセラーがしっかり見守り、状況は自由に変えられ、必要なら中止もできます。

 

ホラー映画の効果もこれに近いのかもしれません。
ホラー映画ファンが怖い映画を好むのは、リビングルームのソファや暗い映画館という安全な状況の下で、恐怖感を自分でコントロールし、達成感が得られるためだといいます。

 

そして、自分自信が恐怖にどう反応するのかを知り、感情の調整の仕方を学んでいるのです。

 

危険な状況を察知すると、心拍数と血圧が高まり、血液が筋肉へ送られて、脅威に対処できるよう体を整えます。
脅威は去ったと分かれば、気分が落ち着き、安堵感を感じます。
この安堵感をうまく利用しようというのが暴露療法なのです。

 

 

 

 

 

暴露療法の効果は広く実証されていて、特に心的外傷後ストレス障害やさまざまな恐怖症、強迫性障害などの不安障害に効果があることが分かっています。

 

ホラー映画がもたらす好ましい効果には「興奮転移理論」というものもあります。
なにかひどく恐ろしいものに出会ったときに経験する恐れは、その後で感じる肯定的な感情を増幅させるというものです。

 

楽しむことを目的にホラー映画を見たり、お化け屋敷を訪れたりする「自発的ネガティブ体験」は、その体験のあとに感じる高揚感が、恐れによる脳の神経科学反応を低下させて、ストレスにうまく対処できるようになる可能性があります。

 

現時点で、ホラー映画がトラウマや恐怖症の治療に有効であるとは科学的に証明はされていませんが、多くの研究者がその可能性を理解しているようです。

 

私も思い返せば、過去に失恋したとき、別居したとき、離婚したときには確かにホラー映画(洋画)を見まくっていた時期がありました。

 

そのときは刺激の強いものを見て現実逃避する気持ちでいましたが、なんとなく気持ちが楽になることを無意識に感じていたのかもしれません。

 

ちなみに私が好きなホラー映画は以下となります。(-.-)

■ドーン・オブ・ザ・デッド(米2004)

もう10年くらい前ですが、初めて走るゾンビを見た映画です。衝撃的でした。
走るゾンビがこんなに怖いとは・・・スプラッター要素もあるアメリカンな映画でした。

 

■28日後・・・(英2002)

これまたウイルスで凶暴になった感染者たちが全速力で追っかけてきます。
オープニングの人っ子1人いなくなったロンドンの風景は圧巻です。ユーロ系BGMがいい感じに荒廃感を醸し出します。
テンポが良くBGMのクオリティが高く、そしてなにより感染者がリアルで怖いです。
私の中では名作です。

 

■28週後・・・(英2007)

28日後の続編です。生き残った人類が街を復興しかけていましたが、あぁやっぱりこうなってしまうかーと期待通りの展開に。
前作と同じく感染者がとにかく怖い。世界の終わりを感じさせる作品です。

 

■ホステル(米・チェコ2005)/ホステル2(米2007)

東ヨーロッパを旅行する若者たちの周りで起こる拷問スプラッター映画です。
これを見ると東ヨーロッパへ旅行に行きたくなくなります。
ホステル2はキレイな女性が多く出てきますが、クライマックスは怒濤の展開でした。
ちなみにホステル3もありますが、1、2とは少しテイストが違いました。

 

走るゾンビシリーズが好きです。
他に記憶に残っている怖い映画は「RECシリーズ(2007~2014)」とかですね。

 

年末年始は帰省もできそうになく・・・ヒマなのでアマゾン・プライムでホラー映画でも漁ろうかな・・・(T_T)

Follow me!

Total Page Visits: 3433 - Today Page Visits: 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)