【プロ野球】10月25日ドラフト会議!4球団競合で根尾は中日ドラゴンズが交渉権獲得!

近年はめっきり弱くなってしまった中日ドラゴンズ・・・
今年のドラフトは注目の目玉とされている大阪桐蔭・根尾を中日が1位指名するということで密かに楽しみにしていました。

 

今日がドラフトということをなんとなく忘れており、夜に何気なくyahooニュースを見ると・・・
「大阪桐蔭・根尾 4球団競合で中日が交渉権獲得」の見出しが。

 

おっしゃ~~~~!

 

中日ドラゴンズファンにとって久しぶりのいいニュースではないでしょうか。

 

競合したのは巨人、ヤクルト、日本ハムとでした。

 

<中日ドラフト結果一覧>

1位 根尾 昴(大阪桐蔭高)内野手
2位 梅津 晃大(東洋大)投手
3位 勝野 昌慶(三菱重工名古屋)投手
4位 石橋 康太(関東一高)捕手
5位 垣越 建伸(山梨学院高)投手
6位 滝野 要(大阪商業大)外野手

 

やはり2018年シーズンは中継ぎが崩壊していたのでピッチャーも多めです。
今年のドラフトの一番勝ち組は中日という声が多く、ホクホクです。(^o^)/

 

前日までマスコミも、吉田(金足農)は?根尾は?などとかなり注目していました。
私はあまり高校野球は詳しくありませんが、聞けばあの大谷を超えて二刀流(投手、打者)ではなく三刀流(投手、打者、野手)という声も。

 

遊撃手と投手ということで、ストレート最速は150キロですか、ふむふむ。
2018年夏の甲子園は打率.429、3本塁打、5打点。高校通算ホームランは32本です。

 

将来の中日を背負ってたつ人材ではないでしょうか。
応援したくなります。

 

しかも岐阜県出身ということで中日ドラゴンズのお膝元です。
私も同郷の岐阜県の出身なので応援したくなります。

 

記者会見での主な一問一答は次の通りです。

ー現在の心境を
「ほっとしてます」

 

ー中日の交渉権獲得の瞬間は
「どの球団が選んでくれるか分からなかった。中日ドラゴンズさんに行くことが決まったのでほっとしました。」

 

ー中日にはどんなイメージを
「小さいときからテレビをつければ中日ドラゴンズさんの試合をやっていて、小さい頃から見ていた。強い印象があります。」

 

ー岐阜出身で地元の球団でもある
「縁があると思うし、このご縁をしっかり大切にして、中日ドラゴンズの一員として勝利に貢献できるようにしたい。」

 

ー守備は遊撃でいきたいか
「球団のスタッフの方であったり、コーチの方としっかり話をして決めたいと思っています。」

 

ー投手は
「話し合いをさせていただいてそこから決めたいと思います。」

 

ーどんな選手に
「チームを勝利に導ける選手になるのが目標なので、どのポジションでもチームを勝利に導ける選手になりたいです。」

 

会見を見ましたがなかなか良い面構えしてました。
受け答えも賢そうな感じです。聞けば両親は医者だとか。

 

まだまだ18才。
すぐには1軍で活躍できないかもしれませんが、来年の楽しみが増えました。

 

新生ドラゴンズ!応援してます!

Follow me!

Total Page Visits: 2088 - Today Page Visits: 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)