【名店巡り 其の一】親子丼発祥の老舗!玉ひでに行ってみた!創業宝暦十年!

最近は自分で料理するのも楽しみのひとつですが、昔から美味しいお店を巡るのも大好きです。

 

いいお店、美味しい料理は本当に幸せな気分にしてくれます。

 

そんなお店をたくさんの人に知ってもらいたいー。
実際にそのお店に行き、店内の雰囲気や料理について紹介していきたいと思います。

 

名店巡り第一弾は、親子丼発祥の老舗玉ひでです。
創業が1760年ということで、260年の歴史を持つお店です。(゜Д゜)

 

このお店は、自分で親子丼をつくったときに気になったので、前にも少し触れました。

お店は日本橋人形町にあります。
人形町って日本橋にあることはなんとなく知っていましたが、私にとってほとんど馴染みがない場所です。
日頃あまり行かない場所ですが、江戸の味、東京の味を確かめに、いざ人形町にあるお店へ行ってきました。

 

人形町は江戸時代は歌舞伎、浄瑠璃、人形芝居などが行われていた場所で、人形遣いが多く住んでいたことから人形町と名付けられたとされているそうです。
また、江戸時代初期には幕府公認の遊郭、吉原(旧吉原)があった場所でもあります。(大火によって地名ごと移転)
現在はオフィス、飲食店、住居が混在する街になっています。

 

土曜日の夕方、日本橋の三越前からぶらり散歩がてらお店に向かいます。
人形町駅からは徒歩5分程度のところにお店はありました。

通りから見たお店の外観。

創業当初は軍鶏鍋屋として、将軍、大名などの屋敷に出向く出張料理屋だったそうです。
しびれるくらい由緒正しい老舗ですね・・・さすが東京・・・歴史を感じます。

 

のれんをくぐると土間的な空間があり、仲居さん(下足番?)が1人いて、メニューを案内してもらいました。
土間に下足番・・・敷居の高さを感じます。
私はサンダルだったので、ドレスコードはないと思いますが少し気後れしてしまいました。(^_^;)

入り口入ってすぐ。

 

入り口から店内を見た様子。奥が客席。

 

写真撮ってたら女将さん?から撮影を勧められました。かなり年季を感じます。

ここで注文を決めてから席に通されます。
メニューはランチとディナーで異なります。
ランチは1,700円~3,900円の親子丼メニューがあり、他に7,000円と8,000円のコースがあります。
ディナーは3,000円~4,400円の親子丼メニューと7,000円~12,000円のコースです。

 

ランチのメニューを見ていたので、予算2,000円くらいで考えていましたが、ディナーは3,000円からでした。(>_<)
元祖親子丼に出会えると思い、良しとしましょう。

店内の様子。

中央上部にあるのは明治時代に使われていた実際のお盆です。

お昼時は行列もできるようですが、コロナの影響もあってか夕方の時間帯は閑散としていました。

 

ビールを注文して、しばし目当ての親子丼を待ちます。(ワクワク)

10分ほどで待ちに待った親子丼がきました。(*^_^*)

いざ実食。

 

れんげで一口すくい、口へ運びます。

 

くぅ~~~

 

私は親子丼は甘めが好きなのですが、この親子丼は甘さ控え目で上品なお味。
鶏肉は弾力があって少し固めでしょうか。卵も濃厚でとろとろしていて素材の良さを感じます。
一口一口をじっくり味わい、飲み込むのがもったいないです。(^_^;)

 

私が注文したのはディナーメニューである「夜の親子丼」の伝承親子丼です。
軍鶏肉が使われており、鶏そぼろ、コラーゲンスープ、べったら七福がサイドメニューとなっています。
サイドメニューも出汁がきいていて美味しいです。
お値段は3,000円(税込)になります。

 

値段は張りますが、美味しくいただき非常に満足な一品でした。

 

人形町という場所、価格帯からもなかなか行く機会はないとは思いますが、親子丼好きな方は一度行ってみてはいかがでしょうか。
東京の歴史にも触れることができ、行ってよかったお店です。

 

お店を出た後は、気分もよくなり人形町駅近辺の居酒屋をハシゴするのでした。(*^_^*)

 

【店舗の情報】
店名:鳥料理 玉ひで
住所:東京都中央区日本橋人形町1-17-10
営業時間:昼の部11:15~13:45、夜の部17:00~21:30(L.O.20:30)
URL:http://www.tamahide.co.jp/

Follow me!

Total Page Visits: 1822 - Today Page Visits: 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)