【プロ野球】2022年交流戦を終えて【中日ドラゴンズは降竜戦】

ひっさびさのプロ野球ネタです。

 

私が応援する中日ドラゴンズ・・・交流戦途中までは調子がいいように見えましたが、パ・リーグ5位6位を相手にした最後の6連戦、まさかの6連敗フィニッシュとなったのでした・・・。

 

うーん・・・もう今年も応援やめよ・・・。(T_T)
率直な感想です。

 

振り返って見ると昨年2021年シーズンについて、本ブログでは一切触れていませんでしたね。

 

昨年はというと、もちろん応援していましたが、ちょうど今と同じ時期の交流戦・・・前半調子良く交流戦優勝を狙える位置にいたのですが、後半は今年と同じようにパ・リーグ下位チームにグダグダ、それがあまりにも印象が悪く昨シーズンは6月に早々と応援を離脱したのでした。
結果、中日ドラゴンズは昨シーズンは5位。無駄な時間を過ごさなくて正解という寂しい結果となったのでした。

 

2020年の3位から2021年は期待の中で開幕したはずが、蓋を開けてみれば歴史的な貧打チームと化し、為す術なく他チームに翻弄され、結果は5位。
本当に大きく裏切られたシーズンでした。

 

そして2022年。今シーズンから満を持してミスタードラゴンズ立浪和義氏が監督に就任しました。
中日ドラゴンズファンからは絶大な人気があり、昨年よりも大きな期待の中で今シーズンは始まったのでした。

 

首脳陣も顔ぶれが変わり、昨年の貧打戦の改善も見られ、若手が躍動し、ベンチの雰囲気も良い。
そう・・・少なくとも4月まではそう感じられ、ここ数年にはなかった試合での期待感とワクワク感がありました。

 

ですが5月になると主力選手数人がコロナで離脱、有望な若手だった石川選手のケガ離脱、1軍打撃コーチの更迭、采配にも狂いが目立つようになり、7連敗からの~~少し盛り返してからの~~交流戦6連敗フィニッシュ。(-_-)
しかも圧倒的最下位だった阪神にも抜かれて単独最下位になるというオマケつき。

 

ここ10年中日ドラゴンズは低迷しています。
それを変えてくれるはずの・・・中日ファン最後の砦であるはずの立浪中日がまさかのこの体たらく。
考えたくもないですが昨年5位だった与田中日よりも現時点の成績が悪い始末。中日ファンの多くは落胆しています。

 

私は20年以上、ファンとして中日ドラゴンズの試合を観てきました。
悲しいですが現時点で立浪中日に上がり目を感じません。
その理由は采配に一貫性がない、贔屓の選手起用が目立つ、感情的で短気、頑固さを感じるといったことがあげられます。

 

中日ファンにとって立浪監督の現役時代はスーパーヒーロー、立浪を嫌いな中日ファンはいないのではないでしょうか。しかしここにきて中日ファンからヘイトを集めてしまっている状態です。
大きく期待していたからこそファンはショックを受け、批判するという行動に出てしまっているのだと思います。

 

思い返せば8年間の監督在任中に4回優勝を見せてくれた落合監督率いる中日ドラゴンズは非常にクレバーな集団でした。
相手のイヤがることをやり、貧打でもしぶとく点をとり、いやらしいチームと言われていました。これは褒め言葉です。
相手の弱点を分析して執拗に攻める、勝負の分かれ目となるポイントでは惜しみなく戦力をつぎ込む、なにより勝利に対する執着を感じました。

 

立浪中日にもそれを強く期待していましたが、現時点では期待ハズレと言わざるをえません。
最近の采配や選手起用を見る限り、果たしてベストを尽くしているのか?本当に勝ちたいと思っているのか?敗退行為と言われても仕方がないと思います。
ファンがそう思うということは他選手も納得しない気持ちを抱えてプレイしているのではないでしょうか。
結果が出なければさらに雰囲気が悪くなります。

 

今のところ落合監督のようなクレバーさや一貫性、勝ちへの執着や卓越した勝負勘というものは見えてこないですね。
(もしかすると開幕当初は感じていたかもしれませんが、ここ最近でリセットされたかもしれません(-_-))
なにか考えがあるのか、逆になければこれが素の采配ということですから尚更ヤバいです。

 

立浪監督も今の結果を真摯に受け止め、学習していただき大きく変えていかねば今後はいろいろと難しいのではと外野から見て思います。

 

10年低迷している中日ドラゴンズを立て直してくれるはずの立浪監督がこれでは、直感的にさらにもう10年はこんな感じが続くのではないでしょうか。
今の期待の若手たちがちゃんと育ち、暗黒時代を象徴するベテラン・中堅を一掃し、頼れる外国人主砲を獲得し、向こう10年のドラフト戦略を成功させる、これらができてようやく光が見えてくるのだと思います。
つくづく星野監督や落合監督の偉大さを痛感します。

好き放題に書きましたが、誰もが認める一流選手であった立浪監督にはもしかすると違うものが見えているのかもしれません。
それならそれで大いに喜ばしいことです。結果がすべてのプロの世界、あともう少し応援したいと思います。

 

立浪監督でダメなら20数年来のファンを止めようかと考える今日この頃・・・
ああ~・・・・・・・・・・・・掌返しがしたい・・・。

Follow me!

Total Page Visits: 1933 - Today Page Visits: 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)